ここから本文です

参加賞の缶バッチでも様々な喜びを与えるものに

スポーツ大会や子供向けのイベントなどで参加賞として缶バッチをもらっても、
可愛いもの・カッコイイものでないと
衣類や帽子には取り付けようと思いませんよね。

せっかくオリジナルの缶バッチを制作したのに、
使ってもらえない(使えない)というのは
主催者側にとっても参加者側の人たちにとっても、大変寂しいお話です。

ですので、キーホルダータイプや携帯ストラップ型の缶バッチなど
使いやすいタイプのものを選んであげると良いかもしれません。

特に小さなお子さんにとってはラジオ体操やマラソン大会など
一生懸命がんばったことへの「ご褒美」という感覚も強いはずで、
そのがんばりを称えてあげられるような缶バッチ、参加賞であってほしいですね。

また、参加賞というと若干意味合いが異なるかもしれませんが
献血や募金をしてくれた方に感謝の言葉などがデザインされた缶バッチを
配布するのはいかがでしょうか。

赤い羽根募金というものもありますが、献血や募金をしたことが
一目で分かる缶バッチを付けていれば、周りの人も気付いてくれますし
感化される人達が出てくるかもしれません。

『良いことをした』ということをひけらかすためではなく、
自分で自分をちょっぴり褒めてあげるためのもの…
そんなアイテムになると良いですね。



詳細・料金・ご注文等はコチラ >> 携帯缶ストラップ

ページトップへ