ここから本文です

オリジナル缶バッチ

販売用としてオリジナル缶バッチを作製しようとお考えのみなさまには、単価もさることながら、品質を大事にしていただきたいのです。

デザインを個性的にしたり、色合いを派手にすることで、買い手の目に留まり手に取ってもらいやすくはなりますが、 購入してから日数が経過した時に、コーティングフィルムが剥がれかけてきたり内部でサビが発生したりするなど、 せっかく欲しくて手に入れた缶バッチが傷んでしまっては、とても残念でなりません。


単に『販売されていた缶バッチが不良品だった』というひとことで済むのではなく、その人が缶バッチを手に入れた経緯や、プレゼントしてくださった方の気遣いなど 人の気持ちまでも傷つけてしまうかもしれない…ということを頭の隅に置きながら作製業者を選定すれば、おのずと答えが出てくることでしょう。

数万人規模の野外フェスではアーティスト紹介グッズとして。

子供からお年寄りまで大人気となった、ゆるキャライベントでの限定発売品として。

動物園では愛くるしい動物たちの名前入りオリジナルグッズとして。


どんな場面でも手に取った人が笑顔になり、缶バッチを持っているだけで満ち足りた気分になる、自分らしいファッションアイテムに変化させることができる、 楽しかった出来事を思い起こせるなど“幾重にも喜びを与えられる商品である”ということを意識しながらデザインを考えると更に良い作品ができあがるはずです。

詳細・料金・ご注文等はコチラ >> オリジナル缶バッチ

ページトップへ